光熱費削減のシミュレーション

平成17年10月 株式会社高環境エンジニアリング

【ガラスコート剤の省エネルギー性に関するシミュレーション】

シミュレーションソフトSMASHにて計算
夏16%削減、冬9.7%増加(※)
年間11.6%の省エネ

(※)
日射侵入の熱源のみを取り入れている為、
冬の直射熱の遮熱が弱くなる事だけを想定すれば、
可視光透過率が夏と比べて10%程下がる為、
冬の暖房負荷は高くなります。

実際は遠赤外線の断熱により
暖房熱の吸収と再放射で
保温効果が高くなる為、
室内の暖房負荷は下がってきます。

 

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ▲

Copyright© イチイ建設株式会社 All Rights Reserved.